喜ばれる退職祝いとは

 

喜ばれる退職祝いとは

退職祝いとは、今まで一緒に仕事を頑張ってきた人や、これまでお世話になった人や家族などが定年などの理由で退職する際に、これまでお疲れ様でした、という感謝やねぎらいの気持ちを込めて贈り物をするということで、どのようなものを選ぶかということは、相手との関係によって変わってきます。


退職祝いを贈るタイミングは、退職する直前がよく、あまりにも早い時期に贈ることは失礼にあたることになるので注意して下さい。


早い時期に退職祝いを贈ることは、退職を喜んでいるというように捉えられることになってしまいます。


また職場が異なる場合や知人の関係であれば、退職してから退職祝いを贈っても構いませんが、あまりにも遅くなることは避けるようにしましょう。


退職祝いのプレゼントにかける金額の相場

退職祝い・定年退職のプレゼントにかける金額の相場は、同僚や友人の間柄であれば、3,000円から5,000円程度となっていて、お世話になった上司や先輩に個人的に贈る場合は、5,000円から10,000円程度と考えればいいでしょう。


もちろん特別にお世話になった人への退職祝いはそれ以上でも構いませんし、それほどの付き合いでもないという場合はそれ以下でも問題はありませんが、あまりにも金額が低いものは失礼にあたり、先輩や上司に現金を渡すこともマナー違反になるので注意しましょう。


長く使用できるものを選ぶ

退職する理由にも、転職や定年などいろいろな理由がありますが、定年で退職する人で再就職もしない場合は、ビジネスに関係ない品物を贈ることをおすすめします。


今後仕事をしないのに、ビジネス手帳やカバンやネクタイなどを贈っても意味がないので、仕事以外で今後も長く使用できるものを選んで贈るようにしましょう。


その人の趣味が分かっている場合は、それに関係したものを贈るのがおすすめで、それが分からない場合は周りに何がいいかを聞くようにすることをおすすめします。


どうしても何がいいか分からない場合は、インターネットで調べたりお店の人に聞いて、性別や年齢に合わせて定番商品を贈るようにすればいいのですが、最近では誰でも喜んでもらえるカタログギフトを選択する人が多くなっています。


カタログギフトであれば万一その人に喜んでもらえるものがないとしても、家族の誰かに喜んでもらえることになり、持ち帰る時にも邪魔にならないので、とても評判がいい贈り物となっています!


 
コンテンツ